関東地区選手権2019【平和島競艇場】

関東地区選手権

いざ、関東制覇!平和島は俺が獲る。

G1第64回関東地区選手権の舞台は「東のメッカ」と呼ばれる平和島だ。東京、埼玉、群馬支部から選び抜かれた精鋭たちが激しいバトルを繰り広げる。

昨年のグランプリ戦士でもある毒島誠(群馬)、桐生順平(埼玉)に、復活した「東都のエース」濱野谷憲吾(東京)がファンの注目を集める。毒島はSGグランプリで優出2着、桐生は順位決定戦で1着と存在感を大いに発揮した。両者は当地G1優勝歴もあり水面との相性も文句はない。ボート界最高峰のスピード&テクニックで関東の頂点を狙う。

毒島、桐生を地元エースとして迎え撃つのが濱野谷だ。昨年はG1を2勝して8年ぶりにグランプリに出場。長田頼宗(東京)に奪われかけていた東都のエースの座を守った。SG、G1を含む通算V17を誇る相思相愛の水面で輝きを放つ。

また、関東には全国区のタレントが多い。山崎智也(群馬)、秋山直之(群馬)、中野次郎(東京)、中田竜太(埼玉)らはSG、G1を主戦場とするトップレーサーだ。特に中野は昨年のグランプリシリーズで優出と調子を上げているだけに、G1V2の得意水面で躍動する可能性が大きい。

そして、関東地区戦選手権の隠れたテーマは「3月SGクラシックの出場権争い」ということにも触れておきたい。今年のクラシックの舞台はボートレース戸田だ。最終チケット獲得へ、最も気合が入っているのは埼玉支部の選手で間違いはない。現在、埼玉支部の選手で出場権を持っているのは桐生と中田だけ。当地SG優勝歴のある平石和男(埼玉)、中澤和志(埼玉)を筆頭にして、須藤博倫(埼玉)、金田諭(埼玉)、石塚久也(埼玉)、黒井達矢(埼玉)、佐藤翼(埼玉)が最後の勝負を懸ける。

イベントファンサービス

【全日】
・勝利者インタビュー放映

【2月15日】
・オープニングセレモニー&初日ドリーム戦出場選手インタビュー

【2月16日】
・おはようコメント放映
・お子さまお菓子プレゼント
・2日目ドリーム戦出場選手インタビュー

【2月17日】
・おはようコメント放映
・お子さまお菓子プレゼント

【2月20日】
・優勝戦出場選手公開インタビュー
・表彰セレモニー

ドリーム戦出場予定選手

2月15日「トーキョーベイドリーム」

1号艇:濱野谷憲吾選手

2号艇:山崎智也選手

3号艇:桐生順平選手

4号艇:秋山直之選手

5号艇:斎藤仁選手

6号艇:須藤博倫選手

2月16日「ピースタードリーム」

1号艇:毒島誠選手

2号艇:佐藤翼選手

3号艇:中野次郎選手

4号艇:中田竜太選手

5号艇:金子拓矢選手

6号艇:長田頼宗選手

その他の競艇予想ランキング

スポンサーリンク

よく当たる競艇予想サイト

よく当たる競艇予想サイト

無料情報で勝てる予想サイトのご紹介!
14万4900円の回収に成功!
5万2000円の回収に成功!

メアドのみで一切費用かからず上記の配当をゲット!

そのサイトがこちら
「行列のできる競艇相談所」